「Light & Natural」な化粧品作りのために、配合する成分にこだわりました。

DEVELOPMENT

商品開発のこだわり

「Light & Natural」のために

「Light & Natural」な化粧品作りのために、
配合する成分にこだわりました。

植物由来の油性成分のなかでもオーガニック認証(ECOCERT/COSMOS、USDA(NOP))を受けた、特に貴重な5種類のボタニカル油成分を配合しました。
5種のボタニカルオイルには、保湿、エモリエント効果、肌の保護、くすみケア、肌のキメを整える作用があり、「健やかな肌」をキープします。

5種類の
ボタニカル油成分配合

  • アルガンオイル

    モロッコのアルガンツリーという樹に生る実の種から抽出したオイルです。
    モロッコでは、アルガンを生命力の源、「人生の実」と称しています。人体に必要なオレイン酸とリノール酸を含み、また、ビタミンEも豊富です。多くの実から少量しか取れない非常に貴重なオイルです。

  • パッションフルーツオイル

    パッションフルーツの種子から得られる、コクのあるオイルです。オイル組成の約7 割がリノール酸などの必須脂肪酸で、ビタミンA、Cを豊富に含み、肌をなめらかに保ちます。保湿性にも優れています。

  • マル―ラオイル

    マルーラの木は紀元前から存在すると言われ、マルーラオイルはマルラの仁から抽出されます。人体に必要なオレイン酸を多く含んでいます。

  • ホホバオイル

    過酷な環境や乾燥した土地でも育つ、生命力の強い植物から作られたオイルです。砂漠でも育つ性質から、ホホバはとても熱に強く、酸化安定性が高くなっています。ホホバオイルに含まれているエステル類の「ワックスエステル」は、皮膚の皮脂(毛穴から分泌されている油状の物質)を構成している成分のひとつで、肌に浸透*しやすく肌なじみが良いです。保湿や皮脂バランス調整作用、肌をやわらかくする作用があり、また、他のオイルよりさっぱりした使用感で好まれます。
    *角質層まで

  • シアバター

    シアバターはシアーバターノキの種子から作られます。樹齢は200~300年と長く、最初の実をつけるまでに15年もの歳月がかかります。オレイン酸とステアリン酸を含み、保湿力の高い植物性油脂です。

使い心地にもこだわりました

植物油脂は、化粧品の油性原料の中ではホホバオイル以外はやや重めの感触の物が多くなっています。軽く、すっとなじむような使い心地を実現するために、5種類のボタニカル油と、他の軽めの原料とを組み合わせて、バランスの取れた配合をしています。
また、香料にはラベンダー精油を使用。ラベンダーの落ち着きのある香りで、リラックスタイムを演出。ほのかに香るラベンダーの香りに包まれ、滑らかな使用心地を感じながら、お手入れを楽しむことができます。


開発者紹介

戸辺 信治(とべ しんじ)

東京教育大学(現筑波大学の前身)理学部化学科卒業後、株式会社資生堂 研究所に入社。研究者として乳化・可溶化・分散の界面・コロイド化学を応用して、スキンケア化粧品(乳液・クリーム・化粧水等)、メイクアップ、シャンプー、一般用医薬品の外用剤等の開発に携わり、これに関与する化粧品の基幹技術である乳化の特許を20数件ほど登録している。

マドモアゼルフィーは、化粧品研究者として多くの実績と豊富な経験を持つ戸辺を中心に、成分・使用感・効能・香り・デザインなど全ての面において「Light & Natural」を体現するスキンケア化粧品となるよう製造開発されました。
特に、重めの植物油脂を使いながら軽やかなファーストタッチを実現した配合は、正に「Light & Natural」と言うに相応しいものとなっています。

SKINCARE PRODUCTS

スキンケア

厳選された5つのオーガニック認証ボタニカルオイル配合
ラベンダー香るClean Beautyスキンケア

©Sakuradream Co.,Ltd. All Rights Reserved.